« 2012年6月 | トップページ

2012年7月

夏の花

春と比べて花の少ない時期となりますが、夏の花も咲き出しています。毎年同じ様な花ですが今年はサンパチェンスを初めて育てましたが本当に大きく成ります。先日の暑さでぐったりと成り枯れて仕舞うかと思い木陰に移動して今は見違えるように元気です。
017オレンジも沢山の花を付けています。
018ピンクも・・・

019_3白が一番大きく育ち花の輪の直径が40センチ位有り見事です。

020ラベンダーは少し出送れていますが其れでも沢山咲いて呉れました。
030ベビーサンローズ、附入り

033_2センニニチコウ、白い小さな花が見えます。近所の花友の種まき苗です。
035夏と云えばポーチュラカですね。大好きな斑入りです。
036黄色も元気印で良いですね。

038_3ショキングピンク、1ポットに3色入りで得した気分です。
039ハツユキカズラの葉ピンクで綺麗なのでアップで撮って見ました。
040ツルバキア・シルバーレース、ピンクの優しい花が好きですが花が咲く頃には花茎が伸びて倒れそうになります。
043蕾が可愛いですね。

044_2葉も附入りで涼しげです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

開花~♪

今年も1年に一回のフウキランが開花しました。植え変えしたいのですが根が絡み合ってずーうと植えっぱなしなので少し元気が悪く成って居る様です。
007ピンクの繊細な花が咲きました。4鉢有りますがピンクはこれだけです。
009白も良いですね。

013葉が斑入りです。余り解りませんね。
014上手く撮れません。バックが悪いですね~
008

おまけの画像
021グリーンカーテンのゴーヤがやっと二階にたどり着きました。ゴーヤも5本位生り始めています。
022ゴーヤの隣に上に登って居るのは今年初めて育てたナツユキカズラです。下の方は空っぽで上にどんどん伸びて如何なるんだろう?花は6月~11月との事でしたが未だ蕾も見えずひたすら上に伸びています。此の上はネットが無いので如何なる事やら・・・早く花が見たいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏の花~♪

私の得意の見切り品を買って来ました。金曜日にスポーツクラブの帰りについ花を見ながら帰って来るので買ってしまいます。買って帰ると植えるのが大変なのを解って居るのにね・・・
0185株300円の日々草です。近所の方に種まき苗を頂いたのですが未だ花が咲かないのでつい買ってしまいました。
019此の色も良いよね~

020_2赤も・・・

021_2

022_3

023_3是で秋まで楽しめたら良いですね。
039薄いピンクに芯が濃いピンク

040_2真赤です。

041_2ピンクのグラデーションも良いね。

042_3ラベンダー

043_2ショキングピンクです。是で白が有ったら最高なのに、見切り品なので仕方がないですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

葉っぱ

此の時期グリーンがとても綺麗ですね、特に附入りが庭を明るくしてくれるので好きです。
013大好きなフウチソウです。黄色と黄緑がかった流れる様な処が良いですね。
014ヤブランの白が多い葉です。昨年は花が咲いて呉れませんでしたが今年は咲くかな~
015此方も名前忘れましたが白い花の咲く何とかランです。
016ギボウシ、此方は周りの白い府がはっきりしていて大好きです。花は是からで遅咲きです。
011ツルバキア、ピンクの可愛い花が咲くのですが肥料切れで未だ蕾が上がってきません。植え変えないと駄目ですね。
012ハツユキカズラ、今年は珍しく綺麗な葉が出ています。
010ダルマヒオウギ、花芽が未だ上がってきませんが扇を広げた様な葉が好きです。花も見たいです。
026コリウス、華やかな葉ですね。

027真赤な花の様にとても綺麗、此れから挿し芽して沢山増やしたいです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

開花~♪

アッと云う間に7月ですね~もう半年が過ぎてしまいました。ブログのアップが相変わらず少ないです。反省・・・
001白とピンクが一緒に咲いて呉れました。
003白一輪ですがコラボ出来て嬉しいです。
008ギボウシも一番早いのが咲きました。少し前に咲いていたのですが写真撮り忘れて・・・
025マクロで撮って見ました。

009本体の葉附入りでギボウシ大好きです。
028大輪松葉ボタン、今年は手入れが遅れて未だ貧弱ですが、綺麗な絞りが咲きました。
024浜ナデシコも・・・

038ねじ花、ひょっこりと別の花の処から現れます。ねじ花だけを集めて植えると枯れてしまいます。
048

047今朝二輪咲きました。昨日も二厘咲いていたのですが写真撮れませんでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ